いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい 第2週ワーク もう一度「自由」に火をつける の要約と効果について

いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい 第1週ワーク もう一度「自由」に火をつける の要約と効果について
とり乃から揚げ

この記事では、「いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい(ジュリア・キャメロン著)」で実践する、第2週目のテーマやワーク、効果などを要約してお伝えしますぞ!

実際にやってみて「これはもっとこうすれば良かった…」と思った点などもシェアするので、お役立ていただけますと幸いですぞ♪

ほな、サクっといってみよか!

「いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい(ジュリア・キャメロン著)」は ↓ コレ!

いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい 第1週ワーク もう一度「自由」に火をつける の要約と効果について

第2週のテーマ

第2週のテーマは、”もう一度「自由」に火をつける”です。

この週は、生産的な自由を取り戻すために、適度な仕組みをつくってみましょう。

退職とは独立である

退職すると、私たちは突然、仕事やスケジュールに追われることがなくなります。

それはある意味、「独立」と言えるのではないでしょうか。

自由を喜ぶと同時に、大きな変化に不安を感じるかもしれません。

そんな時こそ、「いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい。」の基本ツールを実践してみましょう。

自由になったら何をする?

職場というグループから独立し、1人で過ごす時間が増えたなら、あなたは何をしますか?

孤独に感じるなら、アーティストデートを実践してみましょう。

住み慣れた町の馴染の店でも、座る席を変えてみるだけで、あたらしい発見があるかもしれません。

人生は小さな変化によって形作られています。

些細だけれど、有意義な変化を見つけましょう。

第2週のメモワール

先週につづく年齢から、年齢の1/12の年数の記憶を呼び覚ましましょう。

たとえば、60歳の方なら、1/12は5年ですから、今週は6~10歳となります。

極端に若い方や、年配の方ですと、質問と年齢にズレが生じるかもしれません。

私は実年齢と関係なく、第2週は6~10歳を想定して取り組みました。

もちろん、実年齢をベースにされてもOKですよ。

この週は、

  • どこに住んでいましたか?
    当時のあなたの寝室について教えてください。
  • あなたの人生における重要人物は誰でしたか?
    特に影響力のある教師がいましたか?
  • なんらかの新しいアートに挑戦してみましたか?

など、当時を詳しく思い出すための10個の質問が提示されます。

できる範囲で良いので、なるべく細かいところまで思い出し、描き留めてみましょう。

生活にリズムをもたらす仕組みをつくる

時間がなくてできなかったことも多かったかもしれません。

でも、時間があれば、なんでもできるわけではありません。

時間をもてあまして、浪費してしまわないように、適度な仕組み(決まり)をつくりましょう。

モーニングページに、思いつくままを書き出してみてください。

エクササイズ:もしも時間が……?

1~5まで番号をふって、下記の2種類の文章を、5つずつ書き上げてあげてみましょう。

考えすぎず、素早く書き上げてください。

  • もしもっと時間があったら、     に挑戦したい。
  • もし時間がなかったら、     をしよう。

部屋を片付け、心を片付ける

散らかった机や、整頓できていない引き出しの中は、混乱した心に似ています。

「本当に必要なものを見つける最善の方法は、必要としないものを取り除くこと」

「役に立つかどうかわからないいというものや、美しいと感じられないものを家の中に持っていてはならない」

という言葉もあります。

不要なものは処分するなど、部屋を片付けてみましょう。

いらない思い出に別れを告げる

いらないものを手放さなければ、新しいものは入ってきません。

思い出の品を整理し、心を整理しましょう。

エクササイズ:時間と空間を味わう

今まで忙しくて座ったことが無かった、家の中の場所に9分間座ってみましょう。

その場所から周りを見回し、新しい視点で自分の家を眺めてみましょう。

あなたは何を残したいでしょうか。

モーニングページに書き出してみると、優先順位を決めやすくなるかもしれません。

エクササイズ:ニ〇分だけ片づける

タイマーを20分後にセットして、家の中のいらないものを片づけましょう。

3つの袋(ゴミ用・リサイクル用・人にあげるもの用)を持って、家の中を回ると効率的です。

退屈さと正面から向き合う

退屈さは、新しいことを始めることへの恐れを覆い隠します。

でも、退屈さを癒すのは、実際にはむつかしいことではありません。

今ここでどんんあ生産的なことができるのか、自分に向き合ってみましょう。

エクササイズ:子供の頃の退屈

子どものころ、退屈したら何をしましたか?

思い出をひとつ選んで、くわしく書き出してみましょう。

新たなルーティンをつくる

退職は仕事からの引退です。

人生んからの引退ではありません。

今こそ、新しいルーティンをつくりましょう。

どんなルーティンがいいかわからないときは、メモワールを通じて過去を振り返ってみましょう。

今週の課題:ルーティンを取り戻す

下記の文章を5つ書き出してみましょう。

  •      に時間を割けばほっとするだろう。

いま書き出したことの中で、ルーティンに含めたいことは何ですか?

チェックイン

1週間の終わりには、チェックイン(確認作業)をしましょう。

  1. 今週は何日モーニングをしましたか?
  2. アーティストデートをしましたか?
  3. ソロ・ウォーキングをしましたか?
  4. 今週はどんな「ひらめき」がありましたか?
  5. 今週はシンクロニシティを経験しましたか?
  6. メモワールをやってみて、もっと詳しく探求してみたいものを見つけましたか?
とり乃から揚げ

課題は完璧にこなせなくてもOKじゃよ!

できる範囲で実践してくれだされ♪

振り返り作業のチェックインは、いいこと書けなくてもかまへんで!

現状をありのまま振り返ってみよう。

「いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい」第2週ワークの効果

いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい 第1週ワーク もう一度「自由」に火をつける の要約と効果について

第2週目は、身の回りを整理し、新しいルーティンをつくります。

家の中を物理的に片づけると、不思議と心もスッキリするものです。

一度に完璧に片づけるのは不可能ですから、エクササイズのように20分だけなど、少しずつ取り組んでみましょう。

また、ルーティンも、大仰である必要はありません。

日常生活のなかで当たり前に行うようなことでも、決めて実行することで、生活にリズムができてきます。

「いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい」第2週ワークのまとめ

いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい 第1週ワーク もう一度「自由」に火をつける の要約と効果について

「いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい」は、実は「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」の3巻目ではなく、関連書籍という位置づけのようです。

「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」の3巻目にあたる本は

↓ 「Finding Water」で、日本語版は未発売です。

created by Rinker
¥4,862 (2024/04/15 04:49:00時点 Amazon調べ-詳細)

ジュリアさんの著書については、

↓ 別の記事でまとめています。

もしよろしければ、ご覧くださいね。

「いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい。」は、定年退職などで人生に一区切りついた時期の方(60代くらい)に向けて書かれた本です。

でも、30代、40代で取り組んでも、得られるものは多いのではないかと感じました。

ジュリアさんのワークは、どれから入っても、何度くり返しても、新しい気づきがあります。

あなたもぜひ、「いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい」の課題などに、できる範囲で取り組んでみてください。

とり乃から揚げ

モニぺは起きてすぐが効果的じゃけど、無理なときは書けるときに書けばええですぞ♪

完璧を目指さへん方が、続けやすいかもしれへんな!

第1週のワークは こちら

第3週のワークは こちら (近日公開)

↓ 「いくつになっても、ずっとやりたかったことをやりなさい(ジュリア・キャメロン著)」は、コレ!