エルゴノミクス アームレスト 肘置きはヒジが痛いのを改善&スペース拡張で一石二鳥だったのでレビューします♪

とり乃から揚げ

エルゴノミクス アームレスト 肘置きは、ヒジが痛いのが改善されたうえに、作業スペースが拡張されて、一石二鳥だったのでレビューいたしますぞ♪

75cmの幅広タイプや、メッシュタイプが加わってんけど、おすすめはメッシュタイプなんやて!
その理由や使ってみた正直な感想、さっそく読んでみよっか♪

↓ 今回紹介するのはコレ!

↓ ちょっと幅広75cmタイプもありますぞ♪

届いてすぐの状態

エルゴノミクス アームレスト 肘置き の口コミ!

私が エルゴノミクス アームレスト 肘置き を手に入れたのは、2020年の11月。

メインクライアントからの支給品でした。

当時はサイズも材質も1種類だったみたいです。

今のラインナップで言うと、65cmサイズのファブリックタイプです。

あの頃、肘の内側がめっちゃ痛くて、普段の着替えで服がこすれるだけでも、息が止まるくらいひどかったんですね。

今も治ってはいないのですが、かなりマシになりました。

肘置き以外にも、マウスやキーボードも段階的に変えていきました。

なので、ヒジや手首の痛みが緩和されたのは、アームレストだけの効果とは言いがたいかもしれません。

でも、肘の位置が肘置きのおかげで、マウスやキーボードより少し高くなったことで、明らかに楽になりました。

使ってみる機会に恵まれて、本当によかったです。

ラッキーでした。

でも、ちょっとこの点は不便だったかな…というところもありましたので、正直に書きとめておきます。

デメリット

エルゴノミクス アームレスト 肘置きを使うと、肘の位置が少し高くなるので、手首や肘の負担が軽減されます。

でも、肘の位置が高くなるため、椅子の高さを調整する必要があるかもしれません。

私の椅子は高さ調節機能がないので、タニタのバランスクッションや、くたびれたクッションの中身をしいて調整しています。

↓ 座ってるだけで消費カロリーが14%UPするバランスクッションはこちら。

あわせて読みたい

★タニタ バランスクッション どっちが上?消費カロリーや姿勢矯正に効果なし?!(近日公開)

メリット

肘の位置が、マウスやキーボードよりも少し高い状態は、想像以上に手首の負担が軽減されるようです。

個人差はあるかもしれませんが、私の場合はヒジや手首の痛みが、かなり緩和されました。

(肘の内側の痛みも、手首の負担が原因であることが多いそうです。)

また、モニターとの距離もとりやすくなりました。

そして、作業スペース拡張についても、期待以上に効果的でした。

エルゴノミクス アームレスト 肘置きの奥行きは、短いところ(中央あたり)は、約17.5cmです。

取り付けるために机と重なる部分が5cmほどあるので、実質の拡張は12.5cmほどですよね。

でも、この実質12.5cmあることで、タブレットを置いたり資料を広げたり、ちょっとメモをとったりすることができるようになりました。

私の作業場所は、かなり狭小なので、折り畳みテーブルを持ってきて仕事をすることが多かったのですが、肘置きを使うようになってから、折り畳みテーブルの出番は少なくなりました。

作業場所を拡張するといえば、スマホ撮影用のリングライトも良かったです。

↓ なんか、こんな感じのやつ。

アームレストの上で書きものをすることが増えて、手元をてらすライトが欲しかったんですね。

普通の電気スタンドを検索していたんですが、クリップ式だったらすきなところへ簡単に持って行けるし、こういうのもひとつ持ってたら便利かなと思って購入しました。

私が買ったのは、6月の楽天スーパーセールだったんですが、70%引きとかで、1300円くらいでした。

スマホで資料や動画を見ながら作業できるので、思った以上にいい買い物でした。

総評

椅子やディスプレイの高さなどを調整する必要が出てくるかもしれませんが、それを差っ引いても導入する値打はありました。

  • 作業スペースを拡張したい方
  • ヒジや手首の痛みを緩和したい方

上記の方には試してみる価値がありそうです。

ファブリックとメッシュはどっちがいい?

とり乃から揚げ

好みによると思うけど、ワシはメッシュをおすすめしますぞ♪

何でメッシュがおすすめなん?

とり乃から揚げ

ワシが使ってるのはファブリックなんじゃが、ちょっぴり毛玉ができるんじゃ★

ファブリックタイプも改善されているかもしれませんが、私が持っているのは、少し毛玉ができるんですね。

少しなんですけど (;´д`)キニナル…

それに、メッシュの製品って、やっぱり通気性がいいですよね。

だから、腕が直接ふれる夏は、メッシュタイプの方が快適そうです。

冬は長袖着てたら、メッシュタイプでも寒いことはなさそうですし。

もし買い換えることがあれば、今度はメッシュタイプを購入したいです。

65cmと75cmはどっちがいい?

横幅は、65cm と 75cm のどっちがええん?

とり乃から揚げ

65cmタイプか75cmタイプかは、作業場所の幅と、用途に合わせるといいですぞ!

私はキーボードとマウスの間にペンタブを置いて作業しているので、75cmがあったらよかったのにな…と少し思うときもあります。

でも、ワンタッチ取り付け(引っかけるだけ)なので、左右にずらすのは簡単だし、65cmでも不自由はしていません。

キーボードとマウスしか使わない場合は、65cmでも、まったく問題なさそうです。

あと、使わない時は取り外しておくなら、外して置いておく場所の都合も合わせて考えるといいですね。

私は使わない時は、外して椅子のうえにおいてあるんですが、ギリギリちょうど収まってくれてる感じなんです。

75cmだったら、なおした椅子からはみだして、ジャマになったかもしれません。

取り付けた脚の部分は折りたためないので、机につけっぱなしにしない予定なら、収納についても合わせて考えてみて下さいね。

↓ ワシが愛用しているのはコレ!

↓ ちょっと幅広75cmタイプはこちら♪

エルゴノミクス アームレスト 肘置き まとめ

簡単取り付けで完成♪

エルゴノミクス アームレスト 肘置きはヒジが痛いのを改善&スペース拡張で一石二鳥でした。

引っかけるだけなので、左右に動かすのも簡単なのも助かっています。

つけっぱなしにしない場合は、外した時はどこに置くかも合わせて考えておくといいですね。

とり乃から揚げ

時には合わないものを買っちゃうこともあるかもですが、作業環境を整えるのも大切ですぞ♪

何事も体が資本やから、ホンマに痛いときは無理せんと休むことも大切やで!

↓ 今回紹介したのはコレ!

↓ ちょっと幅広75cmタイプはこっち♪