ずっとやりたかったことをやりなさい3”Finding Water”第4週ワークと課題の要約・効果について

ずっとやりたかったことをやりなさい3”Finding Water”第4週ワークと課題の要約・効果について
とり乃から揚げ

この記事では「ずっとやりたかったことをやりなさい3(ジュリア・キャメロン著)」にあたる”Finding Water”で実践する、第4週目のテーマやワーク、効果などについて要約してお伝えいたしますぞ!

ほな、サクっといってみよかー♪

「ずっとやりたかったことをやりなさい3(ジュリア・キャメロン著)」にあたる”Finding Water”は ↓ これ!

created by Rinker
¥1,310 (2023/01/31 10:15:05時点 Amazon調べ-詳細)
ずっとやりたかったことをやりなさい3”Finding Water”第4週ワークと課題の要約・効果について
とり乃から揚げ

第4週目のタイトルは”Uncovering a Sense of Balance”。

「バランスの感覚を明らかにする」ですぞ!

第4週目は、恐怖や不信感をやつけて、心のバランスをたもつ方法について書かれています。

私たちは、ちょっとしたことでも、ネガティブな気持ちにおちいることがあるかもしれません。

だからこそ、創造性の旅に、楽観主義が不可欠です。

見えないチカラや希望を感じ取れば、あなたもきっとよりここちよく成長してゆくことができます。

そして、十分安全なバランスの感覚を体感できるようになるでしょう。

The Rim of the Glass(グラスのふち)

創造的なプロジェクトを完成させるには、想像力と時間が必要ですよね。

だから、私たちは、長期的な目線でものごとを捉えなくてはいけません。

アイデアを大切に育て、形づくります。

これは「本物だ」と自分が確信を持てる作品に育てることができてから、他の人に発表するといいでしょう。

行き詰まったり、疲れたときには、本当に信頼できる仲間には相談したらええと思うで。

ここで言う「他の人」は、批判してくるかもしれない人も含めて、おおやけにするみたいな意味やな。

とり乃から揚げ

今は情報の行き来もはげしいから、どっから何いわれるかわからんとかもありますな★

でも、ゆるぎない確信があれば、また頑張れそうですぞ!

課題:寝る前の祈りを書く

眠る前に、簡単な祈りの言葉を書いてみましょう。

あなたの不安な心に、やさしい言葉をかけてあげて下さい。

とり乃から揚げ

ジュリアさんはキリスト教だからか、神様宛ての祈りを書くみたいですぞ!

でも、そういうのピンと来なかったら、大好きな故人に宛ててみるのもいいかも…優しかったおばあちゃんとか?

俺やったらX JapanのHIDEさんとかに書きたいかな。

あの人、俺にはもはや神やしな 笑。

Faith(信念)

「楽観主義」といわれても、「今の私の現状ではむつかしい…」って思うかもしれませんよね。

でも、「楽観主義」は、自分で意識することで実践できる行動(思想)のひとつです。

そして、「楽観主義」でいつづけることは、創造性の旅には不可欠です。

でも、「楽観的でいなければならないのに、うまくできない!」みたいに思いつめるものでもありません。

見えないチカラが導いてくれることを信じ、希望を感じ取ることに慣れれば、「大丈夫」と思えるようになります。

すぐにはむつかしいかもしれないけれど、日々すこしずつ、身につけていきましょう。

英語で「天職」は ”calling” というそうです。

神様から呼びかけられるものなんですね。

創作も、その呼びかけに答えて行うものですが、報われないこともあるでしょう。

でも、そんなときこそ、なぜその創作をしたのか思い出してみましょう。

人から評価されるため、報酬を得るため、それだけでしょうか。

人は創造的な生き物ですから、「創作したい」という純粋な目的のために、創作してもいいのではないでしょうか。

実はそれこそが本来の姿なのだから、そうすれば本来すすむべき道を歩いて行けるはずだとジュリアさんは書かれています。

アーティストには、その人なりの「信念」のようなものが必要です。

信念があれば、長期的にかまえ、目先の利益にふりまわされることもなくなるはずです。

信念をもっていても、心が折れることはあるかもしれません。

でも、きっと何度でも立ち直って、年を追うごとに成長する多年植物のように何度も花を咲かせ、実を結ぶことができます。

課題:やりとげたことのリスト

あなたが今までにやりとげたことの中から、誇りに思うものを10こ書き出しましょう。

人はやりとげたことよりも、やりたいこと・やらなければならないことが気になりがちです。

でも、今までにやりとげたことに価値を感じ、大切にすると、正しい自尊心を保つことができます。

小さなことでもかまいません。

思いつくかぎり、リストアップしてみましょう。

ジュリアさんのワークショップでは、10個以上書く人も多く、50個書いた人もいたそうですよ。

Keep it Simple(ややこしくしない)

完璧に仕上げようとするのをやめましょう。

完璧主義をやめるコツは、自意識を放棄し、奉仕の精神で行動することです。

創造性はデリケートなものです。

だから、私たちには安心感が必要なんですね。

完璧主義は緊張をうみます。

Easy dies it.(気楽に取り組む)ことを忘れないで下さい。

世の中には、自分の努力ではどうにもできないことが、たくさんありますよね。

でも、自分の内面世界(創作)はコントロールすることができます。

自分だけの世界なのですから。

自分の内面世界のルールは、単純でわかりやすいままでいいんです。

子供の用でもかまいません。

内なるアーティストは、いつでも子供です。

その無邪気さが、生産性を保ってくれるのです。

内面世界の中では、あなたがたった一人のアーティストです。

誰かと競い合う必要はありません。

アーティストとして自由であるためには、他の人と自分を比べるのはやめるべきです。

今の自分にできることを、毎日ひとつずつ、やりとげていきましょう。

毎日つみかさねれば、いずれは大きな結果につながります。

まさに「チリつも」(塵も積もれば山となる)やな!

とり乃から揚げ

そうそう♪

「千里の道も一歩より」「ローマは一日にして成らず」ですぞ!

課題:自分の心を対話する

30分の時間をつくって、自分の心と向き合える場所にいってみましょう。

その場所で思ったことをノートに書きとめるのもいいですね。

また、ただ静かに座って、降りてくるメッセージに耳を澄ますのもいいでしょう。

場所はどこでもOKです。

あなたにとって、安心できる場所を見つけてください。

自宅のどこかでもいいし、自然の中に足をのばすのもおすすめです。

うるさい場所でも、自分が落ち着けたらええんやで。

とり乃から揚げ

ワシは自宅の2階と3階をつなぐ階段の曲がるとこが好きですぞ 笑。

No Regrets(過去にとらわれない)

他の人と自分を比較しながら生きるのは、危険なことです。

大切なのは、「自分が成長しているか」「自分に必要な行動をとれているか」ということ。

他の人と比べる必要はありません。

そして、もし間違った方向に進んでいたらどうするべきでしょうか。

過去にうまくいかなかったことは、どう取り返せばいいのでしょうか。

間違っていたら、これからを軌道修正するだけです。

過去を修正することはできません。

前に進むためには、今を生きるしかありません。

後悔にとらわれてしまうと、楽観主義の心も弱ってしまいます。

すぐに気持ちを切り替えるのが苦手な人もいるでしょう。

でも、時は「今」。

今の自分の目の前にある希望に、目を向けていきましょう。

課題:「今」を描きとめよう

新しいノートを買って持ち歩きましょう。

とり乃から揚げ

ジュリアさんのオススメは、5×7インチ(12.7×17.78cm)サイズですぞ!

日本の一般的なサイズやと、だいたいB6の大きさやで!

そして、ちょっとした待ち時間などに、目の前にある景色やモノ、人物などをスケッチしてみましょう。

上手に描けなくてもかまいません。

ときには、身近な人にデッサンをさせてもらうのもいいでしょう。

思っていたよりも、描ける自分に気づくかもしませんね。

ずっとやりたかったことをやりなさい3″Finding Water”第4週ワークの効果について

ずっとやりたかったことをやりなさい3”Finding Water”第4週ワークと課題の要約・効果について

第4週目のタイトルは”Uncovering a Sense of Balance”。

「バランスの感覚を明らかにする」です。

  • 楽観主義でいつづける。
  • 他の人と自分を比べない。
  • できることを毎日つみかさねる。
  • 信念をもって、今を生きる。

といったことが繰り返し書かれていました。

とくに重要に感じたのは、「見えないチカラを信じる心」。

そして、「我が道を生きる」というのでしょうか。

自分らしく創作活動を続けるためには、自分なりの強い信念をしっかり持つことが必要ですね。

自分なりの価値観をしっかり持っている人は強いです。

そして、そうやって生きていると、本人も楽なんですよね。

とり乃から揚げ

現実の世界では、「偏ってる」とかいわれちゃいそうですな★

でも、自分の中の世界では、自分が主役♪

シンプルなルールに沿って、楽しく生きちゃいましょうぞ♪

ずっとやりたかったことをやりなさい3″Finding Water”第4週のまとめ

ずっとやりたかったことをやりなさい3”Finding Water”第4週ワークと課題の要約・効果について

第4週目の ”Uncovering a Sense of Balance” 「バランスの感覚を明らかにする」で感じたことは、

「信念をもって、今を生きる」。

そして、見えないチカラを信じ、楽天的でいつづけることの必要性でした。

「強い信念」は、ときには「頑固」と評価されたりするかもしれません。

でも、目先の利益や、他人の評価ばかり気にして揺らいでいるのは、しんどいですよね。

お金をいただくための仕事は、相手を喜ばせるのが基本です。

だからといって、自分が創造したいことをねじ曲げたら、じきに無理がきます。

「創作したい」という純粋な目的からおこなう創作活動があってもいいのではないでしょうか。

それは、すぐには賞賛やお金に結びつかないかもしれません。

でも、何事もいきなり上手くはいきません。

野球をやったことがない人が、初めてバットを持ってバッターボックスに立って、いきなりホームランは打てないですものね。

毎日、今の自分にできることを、ひとつずつやりとげる。

それの積み重ねが、結局はあなたの求める作品への近道なのかもしれませんね。

とり乃から揚げ

「急がば回れ」じゃないけど、いきなり手の届かないとこを目指しても、失敗して普通ですよな★

今できることを積み重ねて、ちょっと高いとこに手が届くようになるのかもしれませんな♪

「好きなことを好きなようにやる」ために、他の仕事で収入を得るのもひとつの方法やな。

やりたいことと、ぜんぜん関係ないような仕事でも、思いがけない気付きを得ることあるしな♪

気楽に生きよう!

← 第3週のワークは こちら です。

第5週のワークは こちら です。

「ずっとやりたかったことをやりなさい3(ジュリア・キャメロン著)」にあたる”Finding Water”は ↓ これ!

created by Rinker
¥1,310 (2023/01/31 10:15:05時点 Amazon調べ-詳細)